着物を手軽に通販でGET

着物を通販で購入してみました

着物買取と関東と関西で違う喪服の素材羽二重とちりめん

洋服は手に入れやすいし着やすいので、日本でも現在ではほとんどの人が着物ではなく洋服を着て生活しています。しかし普段着ないものだからこそ、ここぞという時に着ると周囲の人に強い印象を与えることができますし、また写真や動画で記録してておくと後から振り返る時の良い記念になるため、結婚式や成人式などのイベントの際に着たいという人は少なくありません。

しかしそういった時だけに着る着物を新品で用意するというのも金銭的な負担が大きいので、中古品を着物買取業者からリーズナブルな価格で買うというのが賢い買い方と言えるでしょう。

着物買取業者は保管に困ったり、ある程度まとまったお金が欲しいなどの理由により着物を売りたいという人たちから、着物を適正な価格で買い取って在庫を確保しています。着物買取業者はリサイクルショップなどの色々な物を買取している業者よりも、品質の高い着物を数多く取り揃えるために、安く買いたたかれることも多いそれらの業者よりも、高い査定額を付ける事を売りにしているのです。

また着物買取業者で販売している着物は、しっかりと鑑定士が価値を見極めたものなので、新品よりもリーズナブルな価格とは言っても偽物などの粗悪品ではないという安心感があるため、粗悪品をつかまされて損をしたくないなら専門の着物買取業者を選んだ方が良いと言えます。

このように着物は洋服に慣れた現代人の心を掴むほど魅力的で奥の深いもので、日本古来の文化が凝縮されたものと言うこともできます。かつての日本の文化は関東と関西で大きな違いが生まれており、その違いは着物に色々な点で表れています。その違いがどこから生まれたかと言うと、関東は江戸を中心として武家を中心とした文化が花開き、関西では公家を中心とした伝統的な文化が守られていたという点が大きいようです。

関東と関西の着物の違いは、襦袢の仕立て屋帯の巻き方などに分かりやすく表れていますが、現代でもお葬式でしばしばみられる喪服についてもそうです。喪服の素材には関東では羽二重が、関西ではちりめんが使われるのが主流となってきました。

羽二重は経糸と緯糸を交互に交差させて織った織物で、緯糸と同じ太さの経糸を一本にして織る通常の平織りと違って、経糸を細い二本にして織るため柔らかくて光沢があるのが特徴です。一方ちりめんは経糸には撚りのない糸を、緯糸には強いよりをかけた右よりと左よりの糸を交互に織った織物で、表面に凸凹が生じるのが大きな特徴です。ただこの風習は今でも守っている人が少なくないものの、昔ほどは徹底されなくなってきていて、関東でも染まりの良さからちりめんを使う人もいます。

reccomend

本振袖
本振袖
本振袖には、黒振袖と色振袖がありますが最近では色振袖が多いようです。

黒留袖
黒留袖
黒留袖は既婚者(ミセス)の正礼装で染め抜き日向5つ紋をつけ、下襲もしくは比翼仕立てにします。最近では、費用面、着装しやすさの点などからほとんどが比翼仕立てになっています。

振袖
振袖
未婚女性の準礼装である振袖ですが、袖の長さにより呼び名が異なります。

Copyright(C)2013 着物を手軽に通販でGET All Rights Reserved.