着物を手軽に通販でGET

着物を通販で購入してみました

着物買取のおはしょり・裄丈がぴったりの着物で袖の長さ・手のくるぶしを着付ける

着物は日本の伝統的な着衣として、古くから人々に愛されてきました。また、その長い歴史の中で編み出された高い技術によって生み出される、美しい色柄は職人の繊細な手作業による産物として私たちの目を楽しませてくれます。街中で見かけた着物姿の優雅さに目を奪われた経験が誰しもあるのではないでしょうか。

品格のある佇まいを演出してくれる着物を気軽に楽しむことができたら素敵です。しかし、着物というと値段が高そうという不安や、着るのが大変そうという疑問が浮かんでしまい、自分で着てみるのには躊躇してしまうのも事実です。そこで、気軽に着物を楽しむことができるのが、着物買取で手に入れた浴衣での着付けです。着物買取ならば、沢山の種類の中から自分の気に入った色柄の着物を選ぶことができるのも魅力の一つです。また着物買取では、既に仕立てあがっている着物を手に入れることができるので、仕立てる手間がかからないというのも便利です。

一般的に着物は、襦袢と呼ばれる外側に見える着物の下に着るものと、着物の二枚を重ねて着ます。着付け終わった時には、襟元と袖口にちらっと襦袢の色が見えるという具合です。しかし、二枚を重ねて着るので、ズレやすく着くずれやすいので、綺麗に着るのが難しいのも確かです。

そこで、浴衣ならば外側に見える柄の着物一枚で着付けが完了するので、初心者でも簡単に着物を楽しむことができるのです。浴衣選びで大切なのは、自分にぴったりと合ったサイズの浴衣を選ぶことです。着物のサイズは、主におはしょり・裄丈の二点で見ていきます。

おはしょりとは、帯の下に折り畳んだ着物の丈のことで、裄丈は袖から肩までの長さを指します。このおはしょり・裄丈がしっかりとサイズに合っていれば、美しく着こなすことができます。選ぶ目安としては、袖の長さ・手のくるぶしを基準にします。洋服の袖丈のように手のひらまでかかるような袖の長さは、着物においては粋ではありません。着物の場合には手のくるぶしが見えるか見えないかの丈が正式なのです。

着物買取では、様々なサイズの着物があるので、豊富なサイズの中から自分にぴったりの着物を見つけ出すことができます。着物買取を利用すれば、自分の思い描いた着物姿を楽しむことができます。夏祭りや花火大会で楽しむ浴衣姿はもちろん、ちょっとしたお買い物やお出かけなどの夏のお洒落にも浴衣を取り入れることができれば、去年までとは違う素敵な夏を過ごすことができるでしょう。

reccomend

本振袖
本振袖
本振袖には、黒振袖と色振袖がありますが最近では色振袖が多いようです。

黒留袖
黒留袖
黒留袖は既婚者(ミセス)の正礼装で染め抜き日向5つ紋をつけ、下襲もしくは比翼仕立てにします。最近では、費用面、着装しやすさの点などからほとんどが比翼仕立てになっています。

振袖
振袖
未婚女性の準礼装である振袖ですが、袖の長さにより呼び名が異なります。

Copyright(C)2013 着物を手軽に通販でGET All Rights Reserved.